概要

 
 会長就任のあいさつ
 本年6月、新潟滋賀県人会設立10周年を迎え、中村五郎前会長の後継の重責を拝命いたしました。

 初代中村会長の卓越した識見と包容力のあるリーダーシップにより、小人数ではありましたが、設立時から10年間、全滋連傘下の県人会では、存在感のある県人会に育てていただきました。
 会員相互の交流と絆の強さ、親しみの深さは決して他県人会の皆様に劣らぬものと思っております。
 
 また、県外滋賀県人会の交流として、北陸地区滋賀県人会各位との合同親睦旅行を4回にわたり開催して交流の輪をを広げました。少人数の県人会としてその恩恵を享受させていただきました。なお、来年度平成27年度は北陸新幹線開業を機に長野滋賀県人会様にもご参加いただき北信越五県の親睦旅行の開催をと、話し合っているところです。

 顧みますと、平成16(2004)年6月の発足時は会員数5名でした。設立10年目にしてようやく二桁余となり、光明を見ることができました。
 全滋連傘下の各賀県人会は、会員数の伸び悩みと減少に直面しています。
 特に当会のように小人数会員で、滋賀県出身の居住者が少ない県人会では存亡の危機にあり、会員の獲得は容易ではありません。
 
 県人会の原点も「人なり」と考え、会員の皆様のご協力をいただき、今後も会員獲得活動に注力するとともに、魅力ある滋賀県人会づくりに努める所存ですので、広く、皆様のご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。                            
                                                 平成26年6月8日
                                                   新潟滋賀人会
                                                    会長兼事務局長                                                         市井康三