千秋・命日の集い「睡蓮忌]

  平成12年2月の第一回「睡蓮忌」開催から数えて、今年で13回目になります。
  千秋の命日に当る2月24日に近い日曜日に、生家において「睡蓮忌」が催され、「ちあき」の会会員の方を始め各層に亘る年代、各界の方々が参加され、講演会・合唱団による合唱・器楽演奏などが行われています。
 
 千秋をもっとよく知り、また知らせたい、そんな活動をする市民レベルの組織、それが「ちあき」の会です。
 
 今年は2月24日、吉田千秋の作曲した歌を練習し、広く周知の活動を続ける「小合(こあい)合唱の会」のみなさんにより、琵琶湖周航の歌の原曲作者千秋の歌、新潟の童謡、ふるさとの歌など18曲が紹介されました。 
                                                    2013.3.5
                                                    新潟滋賀県人会
                                                        市井 康三

小合(こあい)合唱の会 
「ちあき」の会
新藤会長挨拶 
 木津会員の
千秋の紹介
 
 ←女声合唱→  男声合唱 
←混声合唱→    「ふるさと」を
  全員で合唱
You Tube
吉田家の
雛飾り 

You Tube &演奏 
 当日「ちあき」の会事務局が収録されたビデオのなかから、5曲You Tubeを掲載しました
      (曲名の下段は解説文・歌詞が記載されていますが、You Tube内にもあります)
琵琶湖周航の歌
 昭和46年に加藤
登紀子さんが
朝〜雀と千代ちゃん
 大正のはじめ、
当時のこども
春よ来い
馬御風は早稲田
大学創立25周年に
力と恵
日本で活動する
キリスト教関係者は
ヒツジグサ
イギリスの詩
「WATER-LILIES」
ヒツジグサの英語解説:「http://photoguide.jp/txt/Yoshida_Chiaki」 by Philbert Ono
小合(こあい)合唱の会」さんに便乗させていただいて 琵琶湖周航の歌(ウクレレ・ソロ) 〜市井